顔汗 多汗症 原因

MENU

滝のような顔汗 顔の多汗症の原因

顔の多汗症とは

顔から大量の汗が流れる症状で、緊張などでたくさんの汗が出てきて止まらなくなります。
特に、気温が高い時や湿度が多く蒸し暑い時には、汗がだらだらと流れてきて周りの人の目が気になります。

 

また、女性にとって顔汗は、メイクが落ちてしまうこともあり思いっきり汗をぬぐうことや頻繁に顔を洗うことができないので悩みが大きいのは顔の汗の多汗症です。
顔や頭など体の一部分に大量に汗をかく場合は局所多汗症との疑いがあります。

 

多汗症の原因

ストレス

慢性的なストレスや強いストレスを感じている人は、交感神経が刺激されることによって汗をかきやすくなっています。
あまり、ストレスの原因を見極め、ストレスを溜めない工夫、ストレス発散することで症状が軽くなることもあります。

 

肥満

脂肪が体にたまってしまうと脂肪が断熱剤のような作用をして体温調整が正常に働かなくなります。
それによって、大量に汗をかいてしまうこともあります。
日々の食生活の見直しや運動をすることで肥満を解消することによって多汗症の症状が軽くなることもあります。

 

糖尿病やリウマチ、甲状腺機能亢進症などの病気の疑い

ストレスや肥満など以外で、自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れ、内科的な病気(糖尿病やリウマチ、甲状腺機能亢進症など)の症状で多汗症になる場合があります。
そのまま放置して深刻な症状になる前に、病院で診療を受けましょう。

 

顔の汗の原因

日頃、エアコンで快適な室温で保たれている屋内ですごしていたり、汗をかくほどの運動をしていないなど、日常生活で汗をかく機会がが少ない状態がつづくと、汗腺が活動しなくなってしまいます。
すると、汗腺は休眠状態になってしまい、特に、下半身や腕、手足に汗をかくはほとんどなくなってしまいます。

 

手足の汗腺がお休みしてしまい、汗がかきづらくなってしまうと、顔などの皮膚の一部分だけ体温調節をせざるを得なくなってしまい、顔や頭にだけたくさんの汗をかくことになります。
このことが、顔汗の原因の場合は全身に汗をかけるように体の汗腺の休眠を解くために、ウォーキングをするなど定期的に運動をしたり、入浴はシャワーだけで済ませてしまっている人は湯船に入って体から汗を出す訓練をすることが必要です。

 

顔汗でメイクが崩れるのは?

健康な汗は、ほぼ水に近いものです。
ファンデーションなどの化粧品は、洗顔料やクレンジングで落とすくらいですから、通常の汗は、ファンデーションの上から軽く押さえればメイクは崩れずに汗だけとれるはずです。
ですが、メイクが崩れてしまう汗というのは、汗に原因があるのかもしれません。

 

多汗症が原因で顔だけに汗を大量にかく場合の汗は、さらさらではなくベタベタした汗のためメイクの上からハンカチなどで顔を抑えたくらいでは対応できず、軽い化粧直しでは対処しきれなくなってしまいます。
日頃から、運動や半身浴などを行ってサラサラの汗をかく習慣を身に付けましょう